TOP > 会社案内 > 社長メッセージ

安全性≠ニいう食の基本を追求し続け、今後も信頼性の高い製品を提供していきます。

コーキン化学が設立された経緯について

 当社の誕生は、1952年(昭和27年)にさかのぼります。創業者である故・田丸外五郎が、「抗生物質を動物に投与すると、成長促進に寄与する」という学術論文に触発され、動物分野における抗生物質の応用に着目し、わが国の畜産飼料への導入を開始したのが設立のきっかけとなりました。以来、一貫して、畜産用・養魚用の飼料添加物と動物用医薬品の製造・販売に携わり、品質の良い製品を供給し続け、畜産・水産業界の発展に貢献して参りました。

経営者として重視していること

 私は「質のいい製品をお客様へ迅速にお届けする」という当たり前のことをきちんと行えることが、社業の安定と発展につながると考えております。当社の製品は、多くの原料を海外から調達していますが、新たに原料を仕入れる際には必ず現地へ出向き、生産状況を詳しく調査したうえで納得のいくものだけを採用しています。製品づくりにおいても、原料はもとより、中間製品、最終製品の各段階で厳しく品質をチェックするなど、品質管理の徹底に努めております。安全性が求められる「食」の一端に関わるメーカーとして当たり前のことを、継続して確実に実践できる-それが社業の発展ひいては社会的な使命の遂行につながると考えています。


これからのコーキン化学について

 現代は、いまだかつてないほど食の安全性に関心が高まり、人にも環境にも優しい製品が求められる時代です。畜産・水産業界においても、今後ますますその傾向は強まると考えられ、当社では現在、天然物由来製品の研究・開発に注力しております。既に製品化に成功しているものもありますが、これからも生産者が安心して畜産・水産物を消費者へ提供できるよう、その原料となる製品づくりを行っていきたいと考えています。時代が求める製品を丁寧に、迅速にお客様へ届ける。当社は、そのような存在価値の高い企業としてさらなる発展をめざし、今後ともたゆまぬ努力を続けて参ります。

代表取締役社長 田丸 亮一


社訓